フォト

ブログ集Link

  • にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

■ □ ■

PR

  • ツーリングマップル

サイト内検索


無料ブログはココログ

« 奈良ツーリング前編(吉野~不動窟鍾乳洞) | トップページ | 前後ブレーキフルード交換 »

2010年7月14日 (水)

奈良ツーリング後編(川迫川渓谷~みたらい渓谷)

15時ごろ、R169を右折して、R309(行者環--ぎょうじゃがえり--林道)へ入る。かなり厳しい山岳道かと思っていたが、車とすれ違いに困るようなところはなく、石がところどころ転がっているようなこともなく、きちんと整備された国道だった。ほぼ1車線道で、ブラインドコーナーも多く、走りを楽しむ道ではないが、余裕を持って景色を楽しむ道として、十分おすすめできる。

▼R309にて

1509_2 1519_2 1521

行者環トンネルを越えると、 川迫川(こうせがわ)沿いの道となる。水が澄んでいて、白っぽい岩が多い中、光の加減でコバルトブルーにも見える。

▼川迫川にて

1539_4 1543_2

1544 1546

川迫ダムから先は、ダンプがたくさん走ってるのが難点。これは、平日だったからかもしれない。ただ、多くのダンプが道をゆずってくれ、バイクに対して好意的であった。

16時ごろ、みたらい渓谷に到着。

1609

R309沿い駐車場のすぐ横にある滝。斜めにすべり落ちるのが印象的

1610 1612

この滝の上流方向。

1613 16132

今回は、ほんのちょっと立ち寄るにとどまったが、次は紅葉の時期に訪れ、遊歩道を散策して、じっくり渓谷美を味わうようにしたい。

この後、県道21号を北上する。

▼県道21号と県道48号の分岐にて

1639 1638 16382

この辺りには、二つの鍾乳洞(面不動鍾乳洞、五代松鍾乳洞)があり、いずれ訪れたい。ここから県道48号へと進んで行く。

県道21号~県道48号は、ツーリングマップルではおすすめ道となっているが、荒れ気味のところが多い。一部2車線化され走りやすいところもあるが、ツーリングルートとしては、行者環林道の方がずっとおすすめである(R309から県道21号へ入った辺りに、R309の利用を勧める看板が立てられていた)。

その後、下市にて、R309と合流し、R169~R24を経て京都へもどる。途中、奈良と京都の県境付近で少し雨がぱらついたが、カッパを着るほどではなかった。

走行距離303km。燃費約20km/l。

ここのところ、高速を飛ばさない限り燃費はほぼ20km/lで安定している。

« 奈良ツーリング前編(吉野~不動窟鍾乳洞) | トップページ | 前後ブレーキフルード交換 »

ツーリング2010年」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

▼▽

バックナンバー2014

バックナンバー2013

バックナンバー2012

バックナンバー2011

バックナンバー2010

バックナンバー2009

□ ■ □