フォト

ブログ集Link

  • にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

■ □ ■

PR

  • ツーリングマップル

サイト内検索


無料ブログはココログ

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月30日 (水)

三方五湖ツーリング

6月25日(金)休暇日となり、福井県の三方五湖へ。天候は曇り一時雨。

9時前出発。R162(周山街道)を北上。ほぼノンストップで、レインボーライン(三方五湖有料道路)第1駐車場へ到着(11時30分)。リフトに乗って山頂公園へ。

1156 11562

山頂公園ではちょうどバラの開花時期。

1138 1146 11482

先日の奥琵琶湖同様、黒いアゲハチョウが。ネットで調べてみたところ、おそらく「モンキアゲハ」と思われる。

1149

▼山頂公園から見下ろしたレインボーライン

1148_2

平日ということもあって、交通量は少なく、レインボーラインをマイペースで走る。

▼三方五湖の一つ日向湖(ひるがこ)

1230_2

海との境が気になり、有料道路を出てから、行ってみる。

▼日向湖と若狭湾をつなぐ水路

1238 1236

▼近くでくつろぐネコ

12382 12383

▼湖上を走る漁船に群がる海鳥

1243_2 

この後、R27~R161~県道533号~メタセコイヤ並木を走り抜け、R367(鯖街道)を南下。途中、時間的に余裕があるので、大原三千院に寄ろうかとも思ったが、ちょうどそのあたりでポツポツ雨が降り出してきたので、帰路を急ぎ、16時頃帰宅。

走行距離320km。燃費20.6km/L。

2010年6月24日 (木)

今日の夕焼~長岡京にて

今日は夕焼がきれいで、帰りの電車では、ドアの窓からずっと眺めていた。

駅に着いてからも、しばらく駅前の見通しの良いところから、夕焼を眺めていた。自分だけでなく、何人も、立ち止まって、夕焼を眺め、携帯カメラで写真を撮っていた。こんな光景を見るのは初めて。そのくらい素敵な夕焼けだった。

1924

1927

1928

19291

19292 

琵琶湖西岸~奥琵琶湖ツーリング

6月20日(日)、曇り一時雨。天候を気にしながら、ゆっくりめ9時頃出発。

賀茂川沿い(府道38号)を北上し、府道40号経由で、大原へ出て、そこから鯖街道(R367)を北上。朽木(くつき)の山神橋交差点を右折、滋賀県道23号線を東進し、新旭町へ。

▼新旭町の田園風景(11時ごろ)

1057 1058

1101 1104

その後、湖周道路(県道333号~54号)を北上。

▼今津浜近辺より奥琵琶湖方面(11時半ごろ)

1133

交通量の少ない湖岸の道(県道557号~513号)を快走。

▼菅浦集落(Yahoo地図)にて(12時ごろ)

1202_2

行き止まりを少しもどって、奥琵琶湖パークウェイへ入る。

3月7日に車で来たときは、冬期閉鎖中だったが、3月中旬に開通。途中一部土砂崩れの影響のためか、現在は菅浦方面からのみの一方通行中。おおむね2車線道が一方通行になっているため、 ワィンディングを楽しむには好条件(ただし、1台だけだが逆走する車に出くわしたので、要注意!)。途中のつづら尾展望台には、バイクが10台ほど止まっていた。

▼つづら尾展望台にて(12時20分~30分ごろ)

1220 1221

1228 1238

交通量が少なく、対向車もなく、気持ちよく走れるので、ぐるっと回って計2周。

つづら尾展望台の先にも2~3カ所眺めの良い展望所がある。

▼奥琵琶湖の風景(13時10分~20分)

1313

1324_2 

その後、雨がぱらつく中、再び、琵琶湖西岸を通って、湖西道路を経由で、帰路へ。

車検に預けていた車を引き取りに行かなくてはいけないので、16時前に帰宅。

2010年6月20日 (日)

京都・大原野の田園風景

6月19日(土)タイヤ交換後、大原野の田園地帯をバイクで、回ってみる。

観光地として有名な「大原」は左京区(のずっと北の方)。

で、ここ「大原野」は西京区の中のかなり西の方。

1712

1713

1723

この日は、天気は基本曇りで、時おり晴れ間も見える、といった感じ。

▼「晴れ」と「曇り」が同居する空模様

1725

山の方に入っていくと、農業関係者以外立ち入り禁止となり引き返して、ふと下を眺めるといい感じの棚田が広がる。近くにこんなよいスポットがあったとは。

1742 

地図など持たずにきまぐれにうろうろしていただけなので、場所は正確ではないが、たぶんこのあたり(Yahoo地図)。こういうとき、iphoneなど写真にGPS(位置情報)が埋め込めるアイテムがあれば助かるのだろうな。

2010年6月19日 (土)

タイヤ交換(後輪のみ)

購入以来、2度目のタイヤ交換。通算走行距離は60700km。

前回はほぼ1年前。そのときは、前後セットでミシュラン PILOT ROAD2に交換。それから約1万7000km走行で、後輪のスリップサインが目立ってきて、前輪はまだいけそうということで、後輪のみ交換。後輪のみなので、同じPILOT ROAD2を選択。

でも、タイヤショップで新品のタイヤと見比べると、前輪も溝の深さが全然違う。。。これだと前輪もあと3000~5000kmほどしかもちそうにないな、今回も同時交換しといた方がよいかな、と思いながらも、結局後輪のみで、工賃込みで約25,000円。

前輪1:後輪2のペースで行くなら、後輪をぎりぎりまで引っ張らず、もう少し早い時期で交換しといた方がよさそう。今後の教訓ということで。

交換後、軽く走ったが、今回は、後輪だけで、タイヤの種類も同じということで、前回のときのように、乗り心地が変わり、タイヤの丸みを実感するということは、特になかった。

次は、前後同時交換で、別のメーカーのタイヤを試してみる予定。今のペースだとそれは年内かもしれない。。。

2010年6月15日 (火)

夕暮れの田園風景(京都・与謝野町にて)

6月12日(日)夕暮れ時、京都府道9号線~16号線をドライブ。

山間部なので、夕暮れが少し早い。

▼18:50~19:00(香河-かご-公民館辺りにて→mapion地図

1847_2

水田に映る夕日が美しい。

1850

1851

1900

1901_2

府道16号線は1.5車線区間が多く、ところどころ2車線化されている。ときおり対向車があり、センター寄りを走ってくることもあるので、ブラインドカーブでは要注意。 

2010年6月13日 (日)

綾部の小麦畑~大江町毛原の棚田

6月12日(土)、綾部の花しょうぶ園以外に立ち寄ったところ紹介。

1.綾部安国寺インターを下りて、府道484号線へ抜ける道にて

1432

サギのような鳥が2羽いて、その写真を撮ろうとしたのだが、カメラを向ける前に飛び立っていってしまった。来た道を振り返ると景色がきれいっっだので記念に1枚(Yahoo地図)。 この区間は京都縦貫道とともに整備されたと思われるが、距離は短いが交通量は極小で、きちんと整備された2車線道。

2.綾部の小麦畑

1447

14472

先日、亀岡の大麦畑を紹介したが、こちらは小麦畑。「小麦色に焼けた」という表現があるが、あぁこういうことかと半世紀近く生きてきて、ようやく納得(^^;)。場所は府道485号~府道9号線の沿道(たぶんこの辺り→Yahoo地図)。

3.大江町毛原の棚田(HP

1505

ここは、棚田百選に選ばれているところ。近くに「OZ」というイタリアンレストラン&結婚式場があったりもする。ランチ&カフェは予約なしでも大丈夫そう。前に一度ランチをいただいたことはある。そのときは冬だったのでもちろん棚田に水ははられていなかった。。。

。。。夕方には、与謝野町の棚田と夕焼けを見に訪れたのだが、それはまた後日に、ということで。

2010年6月12日 (土)

京都府道45号線沿い(宮津市)の棚田

8月15日(日)、京都府道45号線~9号線をぐるっと回るドライブ。

途中棚田を見つける。場所は、うろ覚えだが、府道603号との三叉路を左折して狭路を少し行ったところで、たぶんこの辺り(→Yahoo地図)。バイクだったら、棚田の奥まで入っていくのだが、この日は車(2001年式のR34スカイライン)なので、府道沿いから眺めるだけ。

1342

帰りの府道9号線、バイク5台ほどのツーリング集団と一緒になり、後ろをついていこうとしたら、ちょうど信号が赤に変わり、おいてけぼり。 大江山を越える峠道を共に楽しみたかったのだが。。。 

2010年6月10日 (木)

木曽御嶽山ツーリング

6月6日(日)朝4時半起床、5時すぎ出発。御嶽山に行こうと決めたのは前日の夜。朝早いので下調べも軽くしただけ。ツーリングは、地図を眺めながら、立ち寄り先を考えルートを決める過程も楽しみの一部なのだが、最近ちょっとツーリング慣れしてきて手抜き気味。。。

ともかく早起きだけはしっかりして、まずは近くのGSで給油と空気圧チェック。

その後、京都南で名神に入って、中央道の中津川インターで下りる。その後、R19~旧中山道(県道7号線)へ。馬籠宿(まごめじゅく・・・中山道43番目の宿場)でトイレ休憩。

▼馬籠宿付近にて(8:30ごろ)

0828

妻籠宿(つまごじゅく・・・中山道42番目の宿場)を通り抜け、再びR19へ入り、以前にドライブガイドでの紹介写真を見て、そのうち行こうと考えていた寝覚の床(ねざめのとこ)へ立ち寄る。

▼寝覚の床(9:30~10:10)

0937 0938

0948 0954

岩の上を歩いて、水面近くのところまで下りて行ったり、奥の方へ行けるところまでいったり、けっこう長く滞在。 だんだん気温が上がってきたのと、歩いて体温が上がったのとで汗だくに。

↓ 人と比べると、規模の大きさがわかってもらえるかと。

1007

長袖のシャツはツーリングバックにしまって、Tシャツとメッシュジャケットという夏仕様で、御嶽山へ向かう。6kmほど先の交差点を左折し、王滝川沿いの県道20号へ。御岳ロープウェイ方面との分岐を左へ入り、県道256号を進む。引き続き王滝川沿いの快走路。その後、県道486号との分岐を右折して、王滝川から離れ、山岳道(御岳スカイライン)に入り、どんどん高度を上げていく。

道路は曲がりくねっており、本来、進行とは反対方向にある中央アルプスもときおり視界に入る。

1104

11時過ぎに御岳2240スキー場へ到着。御嶽山頂がかなり近づいてきた。

1107

さらに高度を上げ、11時20分、田の原駐車場(県立自然公園)に到着。駐車場には、バイクも十数台。

1120

御嶽山の裾の先に乗鞍岳方面も顔をのぞかせる。

1127

周辺を眺め歩いていると、ゴゴゴーザザザーという音が聞こえ目を向けると、6月7日に掲載したように、岩が転がり、土煙が上がる。

1128

駐車場の食堂で、御嶽山を眺めながら昼食をいただいたあと、11時40分ごろ来た道を引き返し、御岳スカイラインを下っていく。

1138 1139

ほぼ目線と同じ高さに雲が浮かぶ。

1208

途中、清滝へ立ち寄る。ここは水行場の場所となっている。

1231_2 1233_4

1237

一旦、王滝川まで下りて、県道20号との交差点を左折し、県道20号を御岳ロープウェイ方面へと向かい、その後、御岳ブルーラインへと入る。離れていた御嶽山がまた近づいてくる。

1319

ロープウェイ乗り場を通り過ぎ、霊峰ラインへ。さらに倉越(くらごえ)パノラマラインへ入ろうとするところで、通行規制の掲示。ちょうど規制のかかる時間帯。やむなく、霊峰ライン~ブルーラインを引き返す。

ここでアクシデント。下りを長く走ったためか、後輪のブレーキが効かなくなる。ペダルを踏んでもスコスコして抵抗がない。教習所で習って知識だけはあるベーパーロック現象が発生したと思われる。しばらくはエンジンブレーキをいつも以上に強めにきかせ、必要な減速は前輪ブレーキオンリー。10分ほどで、後輪ブレーキが回復し一安心。。。(今冷静に振り返ると、時間的に急いでいるわけでもなかったので、後輪が効かなくなった時点で、一旦バイクを停め、様子を見て、回復を待って再出発するべきだった。)

ちなみに自分では、下りの道で、それほど後輪ブレーキに頼っている意識はなかった。下りのコーナーは苦手なので、どちらかというと、エンジンブレーキをきかせてあまりスピードに乗らないような走り方をする方。かなりブレーキフルードが劣化しているのではと疑われる。この日のツーリングで、自分が乗り始めただけでも2万km(1年2ヶ月)に達しているが、ブレーキフルードは一度も交換していない。もうすぐエンジンオイルの交換時期なので、あわせて交換することにしよう。

その後、県道20号線を北上、さらにR361を西進し、岐阜県へ入る。県道453号で、R257~R472へ抜け、郡上八幡インターで東海北陸自動車道に入り、19時30分ごろ帰宅。

走行距離は、バイクツーリング過去最長の744km。

燃費は行きの高速18.6km/L。下道19.6km/L。帰りの高速が21.5km/L。全体で19.9km/Lであった。

バイクの走行トータルが6万kmを超えた。次の車検までまだ1年以上あるので、1年点検のつもりでブレーキフルードだけでなく、プラグの交換やキャブレターの調整も考えた方がよいかも。後輪タイヤもそろそろスリップサインが出かかっているので、交換を検討すべき時期となっている。けっこうな出費を覚悟しないといけないかも。。。(^^;)

2010年6月 8日 (火)

御嶽崩れ

6月6日(日)、木曽御嶽山へ。

11時20分頃、田の原へ到着すると、1984年の長野県西部地震の際の、山体崩壊の跡がいまも生々しい姿を見せている。10分後ぐらいに、山から地鳴りが。。。目を向けると岩が転がり落ち、土煙が上がる。

11281

11282

11291

11292

こうした小崩落が今もたびたび発生しているのかどうかは不明。ただ、この日は、この後も30分くらいの間に2度ほど、小規模であるが、岩が転がり落ちていた。

詳しいツーリングレポートは後日予定。。。 

2010年6月 2日 (水)

京都お散歩ツー(寂光院)

5月30日(日)、午前中で用事が終わり、午後からバイクでお出かけ。北方面にいい雲が出ていたので、周山街道を走ってそのまま福井へ向かうか、それともR477に入って東へ進み奥琵琶湖へ向かうか、決めないまま出発。

昼食まだだったので、R9沿いの吉野家で腹ごしらえ。近くに神社(三宮神社 Yahoo地図)があり、ここでも春の紅葉が。

1332

竹やぶの青さも美しい

1330_2

その後、R9から裏道に入り、嵐山方面へ抜ける。

1347

1351

次に嵯峨野・広沢の池へ

14021

14022

1405

雲は自分にとって一番身近でお金をかけずに楽しめる芸術作品。

そこから周山街道へ。この日は交通量少なめでマイペースで走れる。で、どちらへ行こうか迷いながらもR477との分岐で右折。奥琵琶湖行きを選択。東へ進むにつれ気温が下がり、Tシャツに夏用のメッシュジャケットという夏仕様だったため、体が冷えてくる。バイクを止め、長袖シャツを着ようと、ナップサックをのぞくと、ナイ。ツーリングマップルと冬用のグラブしかナイ。。。このまま奥琵琶湖へ行くのはヤバイ。特に帰り、日が落ちたら、耐えられない。

とりあえず、川の流れとカワトンボを眺めて、冷えた体を暖める。

奥琵琶湖は無理なので、大原まで行って、そこから南下して帰ることに。となると、時間に余裕ができたので、初めての寂光院へ。大原はこれまで何度も通過してるが、三千院含めてお寺に参ったことは一度もなかった。

▼新緑の寂光院

1601_2 1550_2

1609_2 1613

1622 1625 

18時ごろ、帰宅。まだ日が明るいので、バイク清掃を少々。

走行距離約150km。

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

▼▽

バックナンバー2014

バックナンバー2013

バックナンバー2012

バックナンバー2011

バックナンバー2010

バックナンバー2009

□ ■ □