フォト

ブログ集Link

  • にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

■ □ ■

PR

  • ツーリングマップル

サイト内検索


無料ブログはココログ

« 愛知・茶臼山ツーリング(その1) | トップページ | 京都・原谷苑の枝垂桜 »

2010年4月13日 (火)

愛知・茶臼山ツーリング(その2)

R257を南下して1kmほどで、茶臼山方面の標識があるが(県道80号との三叉路)、ここは直進して、引き続き南下して、道の駅「アグリステーションなぐら」のあるところで左折して、茶臼山高原道路へ入る。

茶臼山高原道路に入ってすぐは、路面がかなり荒れていて、がっかり。これなら有料道路として、きちんと手入れされている方がいいなぁと思いながら走っていると、整備された部分も現れ、茶臼山に近づくに連れおおむね、きれいな路面となり、交通量は全線に渡って少なめで、ところどころ展望も開けて、気持ちよく快走できるようになっていった。

▼茶臼山高原手前の展望所にて(13:45ごろ)

1348

高原に到着すると、茶臼山を西からぐるっと回り込む道へ(茶臼山は愛知と長野の県境にあり、こちらの道は長野県に位置しており、今回のツーリングは初愛知と同時に初長野ともなった)。この道は、特に舗装も展望もGOODでこの日のツーリングの中でベストロード。しばらくすると展望が開けた駐車場があった。

▼矢作川源流近くの駐車場にて(14時ごろ)

1358 1359

この駐車場に、「矢作川源流」への入り口があり、立ち寄ってみる。

▼矢作川源流とその付近(駐車場からすぐ)

1406 1403

この後、県道46号線を売木村方面へ進む。川沿いの気持ちよい道。10kmほど走って役場近くまで降りてきたところで、トイレ休憩した後、折り返す。

▼県道46号沿いの渓流にて(14:30ごろ)

1437

茶臼山周回道路へもどり、先ほど走った茶臼山の北側の道を逆方向(時計の反対回り)に進む。ぐるっと回って南側へ来たところで、再び道をはずれ、県道506号へ。しばらくはほぼ1車線のつづら折りの道。路面はあまりよくない。つづら折りを抜けると2車線の快走路。R151に出るところでUターンして、また茶臼山高原へもどり、周回道路を時計の反対回りに進む。

▼愛知と長野の県境付近にて(15:20ごろ)

15201 1521 15202_2

この後、県道46号を根羽村(ねばむら方面)へと進み、ネットで見かけた、福嶋麺類食堂へ向かう。近くに行くと看板があったが、どちらへ進めばよいかわかりづらい。プリントアウトしていた周辺図を見て、なんとかたどり着いたところ、閉まっている。ここまで、昼食は栗あんのどら焼き一つで、この食堂を期待してやってきたのだが。。。 営業時間まで確かめてなかったのが失敗(^^;) どうやらお昼時と夕食時のみの営業らしい。

▼福嶋麺類食堂周辺の桜(15:40ごろ)

1541

すっぱりあきらめて、県道54号からR153へと入り、長野一という月瀬の大杉へと向かう。

▼月瀬の大杉手前の桜

15531 15532

▼月瀬の大杉(16時ごろ)

1557 1556_2

幹の太さがすごい。14m近くあるらしい。到着したときは自分一人だけだったので、すぐ近くにバイクを止めて、記念撮影。バイクとの比較で杉の大きさがわかってもらえるかと。

この後、R153沿いの食堂で、遅い昼食(味噌煮込うどん)をとったあと、矢作川沿いに県道20号へ進む。風景のよい1車線の田舎道。

▼県道20号にて(17時ごろ)

1658

R257の交差点で、R257を北上して中央自動車道の恵那インターへ向かう。

▼阿木川ダム駐車場にて(17:30ごろ)

1736

▼中央自動車道・屏風山パーキングにて(18時ごろ)

1758

混雑気味の中央自動車道を夕日・夕焼けを眺めながら、しばらく車の流れにのってのんびり走る。山に沈みゆく夕日があれば高速走行でもまったく退屈しない。

名神を経て、夕食を外ですませて、21時前帰宅。

走行距離約560km。燃費19.7km/lとやや低め。

« 愛知・茶臼山ツーリング(その1) | トップページ | 京都・原谷苑の枝垂桜 »

ツーリング2010年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 愛知・茶臼山ツーリング(その1) | トップページ | 京都・原谷苑の枝垂桜 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

▼▽

バックナンバー2014

バックナンバー2013

バックナンバー2012

バックナンバー2011

バックナンバー2010

バックナンバー2009

□ ■ □