フォト

ブログ集Link

  • にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

■ □ ■

PR

  • ツーリングマップル

サイト内検索


無料ブログはココログ

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月31日 (水)

阿蘇ツーリング(第一報)

3月28日(日)~30日(火)、初めての九州ツーリング。メインは阿蘇。九州はこれまで福岡に1度行ったことがあるだけで、大分・熊本・宮崎を訪れるのは、人生初。帰りのフェリー泊含めると2泊というのも初。

初日晴れ。一時雪(牧ノ戸峠付近)。走行650km。
二日目快晴。走行350km。
三日目快晴。走行70km。

全走行距離1070km。平均19km/l(燃費高速で17.5km/l。下道で20.5km/l)。

初日朝6時に家を出て、3日目朝8時前に帰宅。

大まかなルートは下記の通り。

(1日目)

名神~阪神~淡路鳴門~高松~松山自動車道~R197
 ↓
国道九四フェリー(愛媛・佐田岬の三崎~大分・佐賀関)
 ↓
R197~大分自動車道(大分宮河内IC~別府IC)
 ↓
県道11号~由布岳
 ↓
県道216号~R210~県道11号(やまなみハイウェイ)
 ↓
ミルクロード(県道45号)~大観峰~R212
 ↓
阿蘇ライダーハウス宿泊

(2日目)

R212~大観峰~ミルクロード(県道45号・県道339号)
 ↓
R57~R325~南阿蘇(一心行の桜・白川水源)
 ↓
県道28号~高森峠 九十九曲千本桜
 ↓
R265~R218~高千穂峡谷
 ↓
R325~月廻り公園~R265
 ↓
R57~阿蘇パノラマライン(県道111号)~草千里ヶ浜~阿蘇火口
 ↓
R57~R502~原尻の滝・沈堕の滝~臼杵磨崖仏(うすきまがいぶつ)
 ↓
R217~県道205号~県道22号~大分港(ダイヤモンドフェリー)

(3日目)

神戸港~阪神~名神~帰宅

▼雨乞牧場からの由布岳

1531

▼朝焼けの兜岩展望所

0638

▼一心行の桜

0745

▼草千里展望所からの阿蘇火口

1230

詳しくは後日アップ予定

2010年3月27日 (土)

吉田の枝垂桜(舞鶴 瑠璃寺)

今日、舞鶴の瑠璃寺へ。吉田の枝垂桜は3分咲きといった感じ。見頃までもう少し。

▼吉田の枝垂桜(Yahoo地図

1427

▼瑠璃寺の近くにて

1436_2

▼北丹後鉄道の四所(ししょ)駅

こちらは7分咲きくらいで、けっこう見頃。他に誰もいないので、気兼ねなく車と一緒に。

1458_3 1455

明日はからは阿蘇へ。後日レポート予定。

2010年3月22日 (月)

京都巡りプチツーその2

3月21日(土)の京都巡りの続き。

▼桜が咲き始めている龍安寺にて

1254 1301 1304

1303 1308 1317

1326 1250 1247

上の2段目右側の写真、たぶん、うぐいす。なかなかきれいに撮れない。

続いて、この日より開苑となった枝垂桜の名所、北区の原谷苑へ。近くまで行けばわかるだろうと思っていたが、有名だがそれほど観光化はされておらず、苑の入り口がわかりづらい。。。周辺をうろうろし、コンビニで聞いて、ようやく到着。枝垂れ桜は4月第1週の予定とのことで、梅などそれ以外の花を鑑賞。ここは、桜の開花状況によって、入場料が変わるシステムで、この日は、メインの枝垂桜はまだのためか無料。入苑者もまばら。

原谷苑にて

1450 1458 14562

開花前の枝垂桜(たぶん)。これはこれで趣がある。

14561

その後、周山街道~R477~府道50号(保津峡)~嵐山とぐるっと回って帰路へ。

▼保津峡にて

16301 16302

右の写真のヘアピンカーブは比較的広い方(広いので駐車して写真を撮る余裕が)。もっと狭いところを、あまり運転の上手そうでない対向車2台とすれちがったときは、ひやひやもの。もっと右に寄れるやろうと思いながら、停車してやりすごす。

帰りにバイクショップに立ち寄って、4回目のオイル交換(&フィルター交換)。約1年の走行距離が12000kmを超える。 ついでに引っかかり感のあったクラッチワイヤーに給油してもらい、スムースになりました。

京都巡りプチツーその1

3月21日(土)、今回は近場(京都)巡り。

まずは、山科の勧修寺。今の今まで「かんしゅうじ」だと思っていました。「かじゅうじ」だそうです。

▼勧修寺

1011 1019 1041

1046 1050

ちょうどサギが木に止まってくれて、いい絵がとれました。

続いて、鴨川~賀茂川沿いを北上して右京区の龍安寺へ。鴨川沿い、五条~四条通りあたりでは、桜がきれいに咲いておりました。途中、紫明通と船岡山公園に立ち寄る。

▼紫明通にて

1143 1148 1150

蜂は、じっとしてくれなくて、写真に映すのはけっこう根気がいりました。

▼船岡山公園にて

1219 1221 1224

船岡山公園は京都の市街地としてはけっこう広い公園。小高い丘となっており、展望も開ける。右の写真は、左大文字(北区)。この公園は、30歳前にバレーを始めるようになって、一人での練習場所に使っていた思い出の場所。練習帰りに、ウチの長猫(16歳)と出会った場所でもあります。

この後、龍安寺から原谷苑へ(続く)

2010年3月20日 (土)

徳島ツーリングその2(平家屋敷~かずら橋~小便小僧)

3月14日(日)徳島日帰りツーリング続き。

R32から県道45号へ入って2kmほどすすんだところにある平家屋敷民俗資料館に立ち寄る。

▼平家屋敷民俗資料館(料金500円:12時45分~13時15分)

1245 1252 1253

1254 1257 1301

柴犬が飼われており、なでていると、館の女性の方から、「バイクですか」と声をかけられる。昔バイクに乗ってられたとのこと。今はもう乗ってないので、自分の分もバイクを楽しんでくださいと見送られる。

県道45号を東へ進み、さらに県道32号を南下して2kmほどで、かずら橋に到着。

▼かずら橋(料金500円:13時30分頃)

1329 1335 13381

13382 1342

シラクチカズラで作られた橋。大鳴門橋架橋記念館で紹介されていたのを見かけて、行ったみようと思ったのが今回のツーリングの動機。あまりに観光化されていて、やや趣は欠けるがまぁ一度は訪れて損はないかと。写真のように、下が丸見え。ただ、それほど高くはないし、長さも50mほどなので、そう怖くはない。奈良県十津川村の谷瀬の吊り橋(高さ50m以上)の方がはるかに怖かった。

この橋の近くにわりと大きな滝(落差50m)があり、美しい渓谷もあり、しばらく滞在。

▼琵琶の滝と周囲の渓谷

1345_2 1347

1406 1408 1412

滝のすぐ近くの食堂で、祖谷そばをいただき、14時すぎ、県道32号をもどって北へ進み、谷深い祖谷渓へ。

▼祖谷渓の小便小僧(15時頃)

1457 1459

さらに県道32号を進んでR32へ出て、その後、吉野川の南岸、橋を渡って、さらに北岸(県道12号)をしばらく走り続けた後、阿波の土柱へ立ち寄る。

▼阿波の土柱(16時45分頃)

1643 1644

この後、徳島自動車沿いの阿讃山麓広域農道(2車線道)を快走したあと、R318で北へ進み、瀬戸内海沿岸を走るR11へと出て、バックミラー越しに夕日をちら見しながら海岸線を快走。ガソリンスタンドを見つけて本日2回目の給油。

坂出北インター下りてすぐの給油以降、距離は232kmでガソリン10.52L。燃費は22.1km/lとまずまず。

▼鳴門スカイライン入り口と展望所にて(18時頃)

1804 1810 1811

鳴門スカイライン~淡路鳴門自動車道を経て帰路へ。夜の淡路SAあたりは、観覧車と明石海峡大橋のライトアップ、さらに神戸~明石方面の夜景が重なり、非常に美しい。走りながらなので写真で紹介できないのが残念。

帰宅前の本日3回目の給油は、距離184kmでガソリン8.66L。燃費は21.2km/l。夜で渋滞気味であまり飛ばさなかったので、高速走行としては良い方。

21時ごろ帰宅。全走行距離は678kmでバイクでの移動距離としては過去最長。行きの高速の悪燃費が響いて、平均燃費は19.4km/lとやや低め。

帰りの中国道以外は渋滞もなく、天候にも恵まれ、充実の一日であった。

もう少し暖かくなったころに、剣山~奥祖谷というルートで出かけようと思う。

2010年3月19日 (金)

徳島ツーリングその1(大歩危小歩危)

3月14日(日)日帰りで、徳島へ。天気は上々。6時半出発。朝はまだまだ寒い。白浜行きのために用意したインナーグローブ装着。

名神~中国~山陽~瀬戸大橋経由で、香川県へ。さらに高松自動車道、高知自動車道と乗り継ぐ予定だったが、ガソリンが不足。。。 ちょっとハイペースで走ったため、燃費が16.5km/lと過去最悪で想定より早めの給油が必要に。

瀬戸大橋途中の与島PAで給油SAを確認したところ、かなり距離がある。やむなく坂出北インターで降りて給油。15.85L。タンク容量の表記が16Lだったり17Lだったりはっきりしない。16Lだったとしたら、ガス欠間近だった。。。(※瀬戸中央自動車道には給油所ナシ。吉備SAでいれとくべきだった)

予定変更して、ここから下道で徳島入りすることに。で、せっかく香川で下りたのだからということで、ほぼ10時の開店時間にうどん屋さんに入り早めの昼食。揚げたてのげそ天をのせて220円。

R32で峠道を走って、吉野川に出て、吉野川の北岸~西岸を走り、11時半頃小歩危に到着。交通量は少なく快走。結果的には、坂出北から下道でよかったと思う。

▼小歩危近辺にて

1126 1132 1138

▼大歩危(船乗り場付近)

1157 1158 1206

1211 1217

時間があれば遊覧船に乗りたいところだが、日帰りなので、断念。12時30分頃大歩危を後にし、平家屋敷民俗資料館~かずら橋へと向かう。

以下、続く。

2010年3月18日 (木)

月ヶ瀬~青山高原ツーリング

3月13日(土)梅を見に奈良県の月ヶ瀬村へ。ついでに三重県の青山高原まで足を伸ばす。天候は曇り。

9時30分頃出発。宇治川ライン~府道62号(宇治木屋線)の茶畑を走り抜けて、木津川沿いのR163を東へ進む。大河原大橋を渡り府道82号(上野南山城線)へ。この道は地図で見たとおりのワインディング道路(2車線)で道も整備され、しかも交通量が少ない。気持ちよく走って、11時40分頃、月ヶ瀬村へ到着。梅は満開だがそれほどの混雑ではなかった。

まず竜王の滝へ立ち寄る。

1140

その後、梅見(わざわざ梅を見に出かけたのは人生初。。。)

1155 1156_2 1203

1209 1210 1214

30分ほどの滞在後、名阪国道~R422~R165と経由して、青山高原へ。青山高原は一昨年の年末車で来て以来2度目。高原を上って行くに連れ、霧が濃くなり、風も強まり、小雨も降り出す。

1342 1347

1357 1358

高原を抜けて、R163に出て、京都方面へもどる。途中、しだれ梅が美しいとネットで見かけていた 木の館 豊寿庵 に立ち寄る(入館料700円)。

館には巨大杉が展示されている。

1419

有料なだけあって、見ごたえのあるしだれ梅。

14241 14242

1442 1448 1446

1452 1455

15時ごろ館をはなれ、帰りに夕食をすませ、翌日の四国行き(高速走行)に備えて、給油&空気圧をやや高めに入れて、18時過ぎ帰宅。

走行距離約290km。燃費は21km/lくらい。 

2010年3月17日 (水)

奥琵琶湖~若狭湾ドライブその2

3月7日(日)奥琵琶湖~若狭湾ドライブ続き。

13時半、敦賀半島の門ヶ崎へ到着。この日風が強く、日本海は荒れ気味。門ヶ崎は期待以上の景観。

▼門ヶ崎

1331 1336

1338 1342_2

▼白木海水浴場

1351 1353 1355

県道141号をもどり、14時ごろ竹波~水晶浜海水浴場付近にて。高い波の中、サーファーがちらほら。

1411 1426_2 14391

14392 14421 14422

県道33号を南下してすぐの、弁天崎にて。

1452 1455 1456

1451 1453 1458

R27を西進し、16時20分頃、明鏡洞(めいきょうどう)のある城山公園へ到着。

1622 1623 1628

1637 1650 1648

1654_2 1644 1656

真ん中の写真の中央やや右上に写っているのはサーファー。初めは人とは気づかなかったが、カメラの望遠(コンパクトながら10倍)でのぞくとサーファーでした。

17時、城山公園を離れ、舞鶴から福知山を回って帰宅。

走行距離約400km。燃費約10km/l。

2010年3月16日 (火)

奥琵琶湖~若狭湾ドライブその1

ちょっと日が経ってしまったが、曇り~小雨の天候の中、3月7日(日)奥琵琶湖~若狭湾へドライブ。

朝7時頃出発。名神で大津まで行って、そこから琵琶湖東岸を北上。けっこう交通量は多い。琵琶湖水鳥・湿地センターに9時半ごろ到着。前日HPでも確認していたが、昨年11月末からとどまっていたオオワシは、2月末に飛び去ってしまったとのこと。

センターには双眼鏡が多数あり、実際に琵琶湖の水鳥を観察できるほか、鳥のはく製の展示やビデオ上映などもある。

0945

10時頃、センターを離れ、奥琵琶湖パークウェイを目指すが、冬期閉鎖中であった。で、逆方向から行けるところまで行ってみる。小さな集落があるだけなので、大浦から奥の湖岸は、交通量極小で曲がりくねった快走路。湖岸なので、もちろん眺めもよい。奥琵琶湖パークウェイが開通すれば、今度はバイクでぜひ訪れたい。

1053

奥琵琶湖パークウェイ閉鎖のため、菅浦集落に11時頃到着し、ここで行き止まり。しばらく景観を楽しむ。

1128 1126

1125 1108

1149 1148

1154 1135  

大浦までもどり、さらに湖岸を走り梅津大崎を経て、まだ道路脇に雪が残るR168を北上し若狭湾へ向かう。

以下、続く。。。

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

▼▽

バックナンバー2014

バックナンバー2013

バックナンバー2012

バックナンバー2011

バックナンバー2010

バックナンバー2009

□ ■ □