フォト

ブログ集Link

  • にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

■ □ ■

PR

  • ツーリングマップル

サイト内検索


無料ブログはココログ

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月30日 (土)

淡路島水仙ツーリング第一報

本日30日(土)、水仙を見に淡路島の灘黒岩水仙郷へ。

すぐ近くの第1駐車場は満杯で、歩いて10分ほどの第2駐車場(灘黒岩水仙郷の東)へ駐車。駐車場代は無料。無料送迎バスが行き来しているが、行きは出たばっかりだったので歩き、帰りにバスを利用。団体客が多くかなり混雑。

海に面した日当たりの良い方は、ピークを過ぎつつあるのかな、という感じ。日当たりの良くない方が見頃か。。。群生する水仙を見るのは初めてなので、不正確かも。梅もぼちぼち咲き始めている。

1556 1603 1553

走行距離約400km。燃費20km/L。詳細は後日レポート予定。

2010年1月24日 (日)

六甲山ドライブ

1月23日(土)六甲山へドライブ。

途中、箕面の滝へ立ち寄る。

1022_2 1023

滝から駐車場にもどる道で、ふと目に止まった木

1031

五月山ドライブウェイ~宝塚市内を通り、六甲山ドライブウェイへ。どんどん高度が上がっていくので、路面の凍結状況を気にしながら走っていく。

▼六甲山頂の樹氷と眺望

1214 1221 1216

▼山頂付近の道路にて

1232

山頂では多くのハイカーが昼食をとっていた。お湯を沸かして食べてるカップ麺のにおいがうらやましい。道路をゆっくり横断しているハイカーもたまにいるので、見通しの悪いコーナーでは要注意。

次に、摩耶山へ向かう。

▼途中に立ち寄った穂高湖

1301

▼摩耶山 掬星台(きくせいだい)

1333 1337

ここのマヤテラスで、昼食をとる(摩耶カリー・・・味はマイルド)。駐車場が有料で、しかもそこから10分近く歩かなくては行けないのが難点。。。

六甲山ドライブウェイにもどり、再度山ドライブウェイへと進み、終点で折り返す。とにかく休む間もなくカーブの連続で、体を支える筋力がもとめられ腹筋がよじれ、翌日、若干の腹筋・背筋痛を味わうことに。。。

帰りは、宝塚市街地の渋滞を避けるため、有馬街道から県道33号を通り、猪名川町~知名湖岸~R477という経路。

▼R477で見た夕焼け

1713

走行約200km。燃費7km/L(まだ給油していないので、燃料計の減り具合からの推定値)。

2010年1月21日 (木)

丹後半島の立岩

1月17日(日)、車でつい足をのばし、丹後半島ほぼ一周。宮津~府道53号~R482で日本海へ出て、丹後半島を時計回りで、また宮津へ。

丹後半島は、道路と海岸線以外は、ほぼ全面雪の世界。道路は除雪されていて、ノーマルタイヤでも大丈夫。バイクは見かけず。日本海はやや波高し。

デジカメもって出てなかったので、携帯画像です。

▼立岩

1505_2

1508 

▼天橋立と雲

1701_2

▼反対側の雲

1700_2   

2010年1月20日 (水)

宇治へ2010年初乗り

元日よりドライブ続きだったが、ようやく1月16日(土)に2010年バイク初乗り。スムースにエンジン始動。水仙が咲いているとネットで見かけて、昼過ぎに宇治の恵心院へ。

1545 1553

庭には、いろんな草木が植えられておりました。また、花だけでなく鯉も。寒いからか、ほとんど動きなし。。。

1550

▼恵心院の近くにて

1542 1543

▼宇治川と亀石

1534 1614

暗くなる5時前に帰宅。走行約80km。

2010年1月17日 (日)

富士山ドライブ2日目その2

12時ごろ、スバルライン入り口へ。本来は五合目までだが、冬期は良くて四合目まで、降雪時は一合目下駐車場までということが多いよう。この日は、四合目まで。

正面に見える富士山に積もる雪が、太陽の光を反射し輝いてとても美しい。自分の写真技術では、十分伝えきれないが。。。

1210_2

▼一合目下駐車場(剣丸尾駐車場)にて

1221

▼樹海台駐車場にて(二合目付近)

1321 13212

▼大沢駐車場(四合目付近)からの富士山

1304 1306

▼大沢駐車場からの南アルプス

1244

大沢駐車場には、トイレだけでなく売店があり、ちょうど昼時だったので、うどんを食す。水をもらえなかったので、店内を見回すと、「富士山では水は貴重なので出せない」と掲示があった。そういえば、料金所近くのトイレでも、水が出ず手を洗えず、ツーリング用にかばんに入れていたウェットティッシュで間に合わせたのだった(古っぽい公衆トイレでは水が出ないことがままあるので)。

▼大沢駐車場から少し下りた路上にて

1340

▼三合目へ下りる路上から見えた南アルプス

1346

このとき少し路肩に車を寄せると、雪で軽くスリップしそうになるが、ABSが働いて滑らず。高速時の急ブレーキだけでなく、こういう場面でもABSは有効なんだなと思い知る。低速なので大きな問題にはならないが、ずるっといってガードレールに接触といったことはありうる。

ちなみに帰りの一合目付近で、ボンネットをへこませ中破した乗用車を一台、さらに林に5mほど突っ込んで止まっていた乗用車を一台見かける。スバルラインは有料なだけに、路面の除雪がしっかりなされていて、富士スカイラインより走りやすいのだが、それでもスリップしてハンドルをとられたようだった。

14時ごろ、スバルラインを離れ、青木ヶ原樹海なるものを見てみようということで、県道71号線へ。

▼71号線から(=西から)見た富士山

1432 14322

71号線の逆方向が渋滞していたので、R139に回り、西湖、河口湖の南岸の道路を通って、花の都公園付近へ向かう。渋滞は回避できたのだが、西湖の南岸の日当たりの悪いところは、しっかり雪が残っていて、ノーマルタイヤには辛かった(^^;) 低速走行でなんとか無事抜けて、15時30分、花の都公園付近に到着。2日目は、夕方のダイヤモンド富士に間に合った。

昨日見た感じと、すでにスタンバッているたくさんのアマチュアカメラマンの方々の位置取りを観察して、写真取るのによさそうな場所を物色。ちょうど、太陽が富士山頂に隠れ始める。

▼15時42分

1542

▼15時45分02秒

1545

▼15時45分10秒

15452_2

ほんの3分ほどで、すっと隠れてしまった。

最後に愛車HR34スカイラインと富士山のツーショット。これが偶然よい感じに撮れ、今回のベストショット(新車の広告にでも使えるんじゃない、と勝手に思いこんでおります。発売から随分時間は経って、ずっと前に大幅モデルチェンジしてしまった車種ですが。。。)

1558

なお、この位置からのダイヤモンド富士は、まだ日が高い時間なので、光が強く、肉眼でみるのは危険。自分はコンパクトカメラのモニター越しだったので、そんなに目に負担は感じなかった。それでもサングラスはあったほうがよかったかなと。

16時に帰路につく。帰りは、中央自動車道経由。帰り道に見えた、八ヶ岳は富士山とはまた違った美しさだった。また機会を見つけて、日本アルプスの山々をめぐるドライブ/ツーリングもしたいと思う。

2日目走行距離、約750km。燃費は10.2km。1日の走行距離としては、これまでで最長。

ドライブメインの一泊旅行は、今回が人生初だったが、冬はバイクでの長距離は厳しいので、今後もたまには、車で長距離でかけてみることにしたい。車ではたいてい気に入った音楽をかけているのだが、いい景色を見てるときは、音楽は必要なかった。音楽なしでも退屈しない、そんな景色を求めて今後も旅をしよう。

2010年1月16日 (土)

富士山ドライブ2日目その1

2日目、6時起床。6時半出発。反時計回りで、山中湖をのぞく富士五湖めぐり~白糸の滝へ。

▼早朝の富士山

0632

▼河口湖と富士

0646 0656

▼西湖の蒸気霧(写真でわかりづらい。。。右が拡大)

0705 07052

▼西湖と富士

0711

西湖から精進湖へ向かう道は、雪が残っており、慎重に通過。

▼精進湖と富士山と朝日

0725

▼本栖湖

0740 0741

▼朝霧高原付近より、朝のダイヤモンド富士(頂上付近に薄く雲がありぼやけた感じ)

0800 0804

ちょうど、下の写真のように広い敷地と駐車スペースもあり、他にも三脚を立て構えている方が10人ほど。

0759

▼朝霧高原より、富士山と反対側の風景

0816

▼たまたま看板を見かけ立ち寄った陣馬の滝と湧き水

0827_2 0828 

▼田貫湖と富士

0847

▼音止めの滝

0903

写真では伝わりにくいが、けっこう豪快で迫力のある滝だった。

▼白糸の滝

0919 0918 0921

0923 0924 0926

那智の滝とまた違った衝撃的な滝。そこは、なんじゃこれー、といった感じの別世界的風景。ちょうど虹もかかり、水も緑も美しく、何度でも訪れたい場所。

9時30分頃、白糸の滝を離れ、R469から、南富士エバーグリーンラインへ。バスが前をふさいで、ドライブを楽しめない。その上、料金所手前付近(?)(カーブしていて先が見えない。。。)で、渋滞して完全に停車してしまったため、引き返して、御殿場から富士スカイラインへ入って、水ヶ塚公園へ。

▼すすき野原と富士山

1040 1042

富士スカイラインを上がって行くに連れ、雪景色となり、ところどころ、道路にも雪が。。。富士山がぐんぐん近づき眺めも良いが、路肩は雪で停車しづらく、写真をとれなかったのがザンネン。

▼水ヶ塚公園より

1111

この公園までバイクで上がってくるツワモノも2~3台ほど見かける(しかも1台はオフロードではなく、アメリカンタイプ。。。)。

この後、富士スカイラインを引き返し、東富士五湖道路を通って、スバルラインへ向かう。

以下、続く。。。

2010年1月15日 (金)

富士山ドライブ1日目

1月9日(土)~10日(日)、富士山ドライブへ。自宅を6時30分出発。名神~新名神~伊勢湾岸~東名というルート。

▼新名神の朝焼け

0704 0711

▼富士川SAより

0952

11時前に沼津インターを出て、伊豆半島の城ヶ崎海岸へ。とあるHPで、東尋坊以上という感想を見かけて、どんなものかと期待して。

▼伊豆スカイラインにて

1116 1119

▼汐吹崎

115654 115622

12時過ぎに城ヶ崎海岸へ到着。自分の印象としては、東尋坊並みかな。。。たぶん当日の天候・波の状況に左右される部分が大きいと思われる。最初に東尋坊に行ったときは、悪天候で波が高く、強烈な印象だったので。

▼城ヶ崎海岸

1227 1244 1247

1時過ぎに城ヶ崎海岸を離れ、伊豆スカイライン~芦ノ湖スカイライン~箱根スカイライン~東富士五湖道路で富士へ向かう。

▼芦ノ湖スカイライン(杓子峠より)

1434 1437

1435 1440

ダイヤモンド富士を見ようと山中湖近くの花の都公園へ急ぐが間に合わず。

▼15時50分

1550

移動して、富士山に隠れる太陽を追いかける。

▼16時03分

1603

▼山中湖にて(16時30分ごろ)

1634 1632

▼河口湖にて(17時15分ごろ)

1715 1719

近くの食堂で、夕食を取り、予約していたビジネスホテル河口湖(インターネット予約で3500円と格安)へ18時過ぎ到着。ロビーのパソコンで天気予報を確認し、翌朝に備えて、21時前には就寝。

初日走行距離、約600km。燃費は10.6km/l。

2010年1月10日 (日)

ダイヤモンド富士

1月9日(土)~1月10日(日)にかけて、富士山を見にドライブ。

今日10日の午後3時40分頃、ダイヤモンド富士を撮影。昼間は、南方に雲がかかっていたが、この時間にはすっきり。

154232

ちなみに撮影場所は、この辺り。1日ごとに少しずれていくと思いますが。。。100人以上のカメラマンがおり、ほぼみんな一眼レフ+三脚。自分以外には、コンパクトデジカメは見かけなかった。。。ドライブについては、後日もう少し詳しいレポート予定。

2010年1月 4日 (月)

元日三重県ドライブその2(楯ヶ崎~鬼ケ城)

1月1日、初日の出を拝んだ後、R42を南下して、熊野へ向かう。

▼途中、立ち寄った大白公園(紀北町)の海と池

0928 0933

尾鷲市で、R311に入り、海岸線を走っていると、断崖の島が見えてきて、付近に駐車場(数台程度)があったので、止めて、確認すると、三重県の名勝天然記念物に指定されている「楯が崎」という観光地ということで、軽い気持ちで行ってみることに。歩く距離は2km弱だが、平坦な道ではないので、40分近くかかってしまう。

▼遊歩道

1152

途中の展望はほとんどなく、ひたすらまだかまだかと歩く感じで、ようやく展望が開けて来る。

▼展望台から

1106_2  1108

そこから、千畳敷へ下りて行って、その広大さに驚く。本当に千畳か、それ以上ありそう。

▼千畳敷と二木島灯台、楯が崎

1119 1114 1130

1133 1134

40分近く、見て回った後、またR311で海岸線を走る。新鹿湾の美しい海が目に留まり、記念写真。

▼新鹿(アタシカ)湾

1231

12時40分ごろ、 鬼ヶ城(おにがじょう)へ到着(駐車場代500円)。

鬼ヶ城

1251 1254_2 1257

2009年10月7日の台風18号の被害のため、4分の1くらいまで行ったところで通行止めとなっていた。ザンネン。ここで昼食をとった後、ちょっと先の獅子巖へ向かう。

▼獅子巖(デジカメの電池が切れたため携帯画像)

1337

帰りは、R42で山間部を走り、紀勢自動車道~伊勢自動車道。亀山JCTでかなり渋滞していてまったく動かない状態が続いたため、やむなく亀山インターで一旦R1に出て、甲賀土山インターから新名神~名神を経て帰宅。渋滞解消のため、亀山インターを出て、甲賀土山インターに入った場合も、ぜひ1000円割引を適用してほしい。。。

走行距離約510km。燃費は10.8kmと峠道を多く走った割にはよかった。

なお、前日の大晦日にタイヤを交換して(DUNLOP DIREZZA DZ101を通販で購入、タイヤショップに持ち込み交換)、しばらくはフワフワとした感じがあったのだが、交換後150kmほど走ったくらいから、馴染んできたようで違和感がなくなった。

2010年1月 1日 (金)

元日三重県ドライブその1(初日の出)

2010年1月1日、生まれて初めて初日の出を見に、5時40分出発。今回は、朝早いし、まだ暗いし、雪の不安もあるし、ということで、バイクではなく車で。

新名神から伊勢自動車道に入る頃には、かなり明るくなる。特にどこでとは決めてなかったのだが、前日ネットで、津市の日の出7時1分という情報を得ていて、そろそろ高速下りて、海岸に向かわないと間に合わないということで、津インターで下りて、まっすぐ海岸へ向かう。ちょうど7時ごろ、贄崎(にえさき)海水浴場に到着。車が多く駐車され、すでに海岸には、若者~お年寄りまで、初日の出を見に多くの人が。

停車場所を探していたため、日の出の時間には、ちょっと間に合わなかったが、その時間は雲に隠れていた模様。

▼7時11分

0711

▼周囲の雲(7時17分)

0717

▼朝焼けとかもめ(7時23分)

0723

▼雲から顔を出しつつある太陽(7時25分)

0725

▼雲から顔を出した太陽(7時27分)

0727

▼初日の出とマイカー

0731

この後は、尾鷲~熊野方面へ(レポートは後日)。

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

▼▽

バックナンバー2014

バックナンバー2013

バックナンバー2012

バックナンバー2011

バックナンバー2010

バックナンバー2009

□ ■ □