フォト

ブログ集Link

  • にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

■ □ ■

PR

  • ツーリングマップル

サイト内検索


無料ブログはココログ

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月30日 (日)

伊勢志摩(ドライブ)

8月29日(土)、今回は、車で志摩へ出かけ、船での英虞湾の島めぐりへ。

10時頃家を出て、伊勢西インターを下り、昼食。その後伊勢道路を通って賢島へ。14時に船乗り場へ到着。賢島エスパーニャクルーズは、14時半の出発予定だったので、ちょっと待とうと思っていたところ、14時出発の小型船にわりと強引に勧誘され、誘いに負けて、乗船(^^;)

こちらの方が狭く浅いところも通り抜けられるという長所もあるので、まぁこれはこれでよかったか。。。

▼いざ出発

140644 140842

▼狭いところ(潮が引いたときは、小型船でも航行不可らしい)

141430 141524

▼スピード早めたりゆるめたりしながら真珠養殖がさかんな湾内をまわる

142305 142522 142911

▼湾の入り口・御座岬(前回ここまでバイクで行く予定だったのだが。。。またそのうち。)

143408

▼もともと乗る予定だったエスパーニャ号。のんびり優雅にまわるならこちら。

144019

▼ミキモト養殖場

144133

▼今回乗船した船。中はクーラーもあり快適。船の後部にトイレも有る。写真を撮り、360度見渡すなら、もちろん船の上がおすすめ。

144942

▼航路図(真ん中の丸いところを周遊)

145018

帰りは、前回バイクでも走ったパールロードを通って伊勢神宮(内宮)に寄る。伊勢神宮は小学校の修学旅行以来、ウン十年ぶり。。。 4時過ぎだったので、すぐ近くの駐車場に止めることができた。

▼池のコイとその近くにいるニワトリたち

170415 170640 170925

8時頃帰宅。

2009年8月18日 (火)

阿弥陀ケ滝~せせらぎ街道ツーリング

8月15日(土)、ETC1000円割引を活用して、岐阜へ。ちょっと早起きして6時50分出発。

京都南インターで名神に入り、東海北陸自動車道ぎふ大和インターで高速を出る。ここで1回目の給油。時間は9時47分。大津あたりまで渋滞していたので、けっこう時間がかかった。

国道156号は、前の能登半島ツーリングの帰り道で通ったので、県道317~316号経由で高鷲インター横を抜け県道45号を通り国道156号を少しもどって県道314号で阿弥陀ヶ滝へ。有料駐車場からさらに奥へ進み、行き止まりとなるところに無料駐車場がある。車もバイクもけっこう止まっていたが、空きスペースを見つけて駐車。歩いて滝へ向かい5分ほどで到着。

ここの滝は、滝の正面や左右だけでなく、後方に回り込んで見られる(裏見の滝)というのが特徴。今回は水量が多く、真裏までは回り込めなかったが、斜め後方にある洞窟からは見ることができた。洞窟の天井から水のしずくが落ちてくるので、それなりに濡れたけれど。。。

▼正面

110549_2 

▼向かって右から

112808

▼斜め後方の洞窟

114141

▼斜め後方の洞窟から

110900 110925

111204 112500

▼洞窟の中

111221 111143 111250

▼向かって左から

113522_2 113400 

▼滝壺(右の写真を撮る位置では滝の風圧を感じていた)

112918 113116

▼滝周辺

114353

▼滝の下流

115434 115714 120211

約1時間滞在した後、また高鷲インター横を通って、県道316号にもどり、ひるがの高原線を走る。
眺めのよい高原道路だが、ダンプの落とした砂の跡なのか路面が茶色く、砂ですべるわけではないが、なんとなく気になり、控えめの運転となってしまった。

124030 124059 124744

その後、国道156号を北上し、国道158号に入り、快適走行。見通しのよい直線も多く、遅い車を楽にパスしていくことができる。三日町交差点を右折して、せせらぎ街道に入る。

140302

交通量が少なく川沿いのせせらぎ街道を快走し、道の駅「パスカル清見」に立ち寄る。カレーパンの看板が目に留まり、300円ちょっと高いなと思いつつ注文。あまり愛想のよくないおばさんが、カレーパンを揚げはじめ、やや平べったい揚げたてのカレーパンをいただく。やはり揚げたてはうまい。300円の価値はあった。(ここで、前に五箇山で五平餅を頼んだときも店のおばさん、愛想が悪かったのを思い出す--何も言わずむすっとした感じで10分以上かかるのを伝えることもなく餅を焼いていた。この辺りの特徴なのだろうか。。。)

144844

▼道の駅周辺の風景

144615

そこからすぐの有料トンネル・道路は通らず、坂本峠越え。思った以上に狭く荒れた道であった。ちょうど一車線程度しかなく、車とバイクがすれちがうのもきついところが多く、展望もあまりよくない。峠の終わりの方で、やや道が広くなり展望も開けたところで、バイクを止め記念撮影。

151728 151908

郡上八幡インター手前で2回目の給油。時間は15時45分。

東海北陸自動車道~名神を通って京都へもどり、3回目の給油(18時47分)。天気予報では夕立にあう心配もあり、途中パラッとしかけたが何とか持ちこたえ、阿弥陀ヶ滝ほどには濡れることなく19時頃帰宅。

走行距離約600km。燃費は行きの高速で21.1km/l。岐阜の下道で25.7km/l。帰りの高速で21.9km/l。トータルで22.6km/l。時速60~80km程度の走行で燃費が良く、時速100km前後ではかなり燃費が落ち、信号の多い市街地を走るのと変わらなくなってしまうことが判明した。

2009年8月16日 (日)

伊勢・パールロードツーリング

8月12日(水)、関西全域の降水確率が低く、以前より行く機会を伺っていた伊勢方面へ、8時30分出発。伊勢は小学校の修学旅行以来。今から30年以上も前か(^^;)

前日の天滝方面ツーで、京都縦貫道にて、初めて使ったETC。この日は、名神~新名神~伊勢自動車道で活躍。通勤割引の時間に通過したので、大津から津までの区間は半額料金。

※ETCは、7月の助成金終了間際のどさくさ(?)になんとかすべり込みセーフ。ただし取り付けは8月にずれこむ。生まれて初めてのローンでの買い物となった(不本意ながら変な助成ルールのために)。

ルートは、京都南インターで名神に乗り、新名神~伊勢自動車道で津インター。そこから県道42号を経て、国道23号を南下して、国道167号で二見浦の夫婦岩へ。二見浦到着はちょうど正午。国道23号は津市街地をのぞいて、信号も少なく良いペースで走れた。

120127

さらに国道167号を進み鳥羽を経て、パールロードで志摩へ向かう。途中、ふと本浦漁港に立ち寄り、記念撮影。

124924

パールロードにもどって、ワインディングロードと展望を楽しむ

131118 132310

続いて県道61号~514号を通って、安乗埼(あのりさき)灯台へ立ち寄る。四角のめずらしい灯台である安乗埼灯台へ14時到着。

▼安乗埼灯台

135633 140733 142257

▼安乗埼灯台に登って

141310 141357 141409

▼安乗埼灯台周辺にて

140704 142832 143049

左上の写真を撮っていて、下りていく階段が目に留まったので、行ってみることに。「立ち入り禁止」の看板があったが、ふさがれてはいなかったので、自己責任でそのまま海辺まで下りてみる。で写真を一枚撮ってると(真ん中の写真)少し大きめの波が来て、足元まで届きそうだったので、あわてて上にあがり、階段に腰かけ、波が岩にぶつかるのをしばらくながめる(右上)。

14時30分、バイクを止めた駐車場にもどって、灯台を背景に記念撮影しようとバイクを手押しで移動させようとしたところ、いやに重い。地面がゆるい土の上のような感じ。で、後輪をみると、かなり空気が抜けている。スタンドを立て、確かめると鉄片がささっており、パンク。で、思い返すと、パールロードのカーブで、すっと寝てくれず曲がりづらかった。あのときにはすでに空気が相当抜けていたのだろう。もっと早く異常に気づいておれば、途中のガソリンスタンドに寄ることもできたのに。。。

で、バイクの任意保険に付加されているロードサービスに電話。ところが、その地域では、契約業者は対応できないということで、JAFに依頼し、料金は一時立て替え、後日、ロードサービスの範囲にあたる分(10km以内無料)について精算するという方法を打診される(JAFへの取り次ぎは保険屋さんの方で)。他の手段が思いつかず、それで了承。その後連絡が入り、盆の時期で対応に追われ、こちらに来られるのは3~4時間後になる見通しとのこと。

そこで自力で、近くのバイク屋さんを探すことも試みる。少ないながら観光客が訪れる灯台だったため、敷地内に飲食屋さんがあり、ちょうどサービスを終え帰ろうとしているところに、近くにバイク屋さんがないかたずねてみると、知り合いに相談してあとで連絡するとのこと。

小一時間ほど立った頃、先ほどの方が原付に乗り、軽トラを引き連れて到着。近くのバイク屋さんを連れてきてくれる。お礼を言うと、その方はすぐに立ち去る。こういうとき地元の方の親切は本当に助かる。で、バイク屋さんにその場でパンク修理にとりかかっていただく(JAFの方はキャンセル)。一通り修理を終えた後、念のため、ショップにもどって(バイクで5分ほどのところ)、空気の抜けがないか確かめ、計45分ほどで修理完了。出張代込みで3000円でよいとのことだったが、お礼も込めて5000円お渡しする(お釣りがないということで、そのまま受け取っていただく)。

そのバイク屋さんももう10数年同じBMWのバイクに乗っており、北海道や沖縄など長期ツーリングに出た経験もあるとのこと。ショップ名を聞いて、帰ってからちょっと調べてみたが、ネット上では情報は見あたらなかった。

結局、パンク修理が完了したのは17時前。当初予定していた英虞湾方面へ向かうのはあきらめ、来た道をそのままもどって帰路へ(帰りのパールロードは来たときと違い、いつもの感覚でカーブを曲がれる)。21時無事帰宅。

走行距離約420km。燃費は22kmくらいで、けっこう高速で距離走ったわりには伸びず。。。

前日は、行き先の調査不足。今回はバイクの異変に気づけず時間ロス。それぞれに教訓とすべきツーリングであった。英虞湾岸と伊勢志摩スカイラインへはまたの機会に出かけることにしよう。

天滝方面ツーリング

8月11日(火)、久しぶりのツーリング。

伊勢方面に行こうと考えていたが、台風9号の影響で、午前中の降水確率が高めだったので、降水確率予報の低い、兵庫県へ向かうことに。前々から行こうと思っていた、生野銀山~天滝へ。実際は予報とは違い、いつ降り出してもおかしくないような曇天で、ところどころ小雨に降られる。

出発してから気づいたのだが、生野銀山~天滝の周辺は、台風9号の影響で、浸水や土砂崩れが発生した地域。直前に行き先を切り替えたため、その辺の事前の情報収集が甘かった。

当初考えていたルートは、

▽まず生野銀山へ
亀岡~R372~県道77号~R176~北近畿豊岡自動車道(氷上インターIN/青垣インターOUT)~R427・429~生野銀山

▽そこから天滝へ
R312北上~R429西進~R29北上~県道48号東進~天滝

ところが、R427へ入り、西へ向かったところで、R429通行止めの看板が目に入る。このためR427を引き返し、遠阪峠を越えR9へ。走りながら、生野銀山は帰りに時間的に余裕が有れば寄ることにし、先に天滝へ向かうことに方針転換。遠阪峠はおもしろそうな道だったが、路面が濡れていたのと、雲の中状態で視界が悪かったので、安全運転。

▼遠阪峠へ向かう途中(雲が山にめり込んでいるように見える)

100511

▼遠阪峠を越えて、来た方向を振り返って

105051

R9に出たところで、コンビニに寄る。するとコンビニ近くの小道を水が流れ、側溝に流れ込んでいる。その後、R9でも、ところどころ、泥水が流れたあとがあり、和田山あたりで補修作業のため車線規制中で渋滞。その後県道6号に入って快走していると小雨がやや強くなってきて、やむをえず、バス停を間借り(?)して、雨宿り。時刻表で次のバスの予定を確かめるとしばらくは大丈夫そう、ということで、20分ほど、小降りになるのを待つ。

121250

小降りになったので、また県道6号を進み、すぐのトンネルを越えると、雨は止む。。。というか、路面は乾いており、雨が降っていた形跡なし。。。その後、県道48号に入り、しばらくして天滝公園到着。公園入り口付近の駐車場には、車が2台ほど止まっているだけ。人影はほとんどなし。。。駐車場は奥にもあるのだが、通行止めの看板。いつ雨が降り出してもおかしくない感じだったので、トイレの軒先にバイクを止める。

132923

不安を覚えながらもとにかく天滝に向かう。すると2~3分歩いたところで、なんと土砂崩れ。。。

124107

不安が増しながらも乗り越えて進んでいくと小雨がぱらつき出す。1km進んだところに山小屋のような休憩所があったので、そこで、しばらく雨宿り。途中追い抜いた、親子連れは雨宿りせず、天滝に向かっていくが、しばらくして引き返して、下りていった。

▼休憩所付近にて

125204

雨は止まず、今回は、あきらめて帰ろうかと考え始めたころ、霧雨状態になったので、とりあえずもう少し先に進んでみることにする。するとすぐに登山の登り口のような感じになり、そこで写真を1枚撮って、やはりあきらめて帰ることに。

131412

▼帰り際にもう一枚

132559

県道48号・6号と引き返し、県道70号を南下して、R312(円山リバーサイドライン)からR429に入って、生野銀山へ到着。途中、ところどころ道を土砂が流れたあとがあり、バイクはひどく汚れることに。また、水たまりがあり減速してゆっくり走っていると、乗用車が減速せず追い抜いて行き、水をはねあびせられる。

明るいうちに帰宅して、洗車しなくては、ということで、入場はせず、食堂でうどんだけ食べて帰路へ。

R429をもどり、R312を南下。県道8号で高坂峠を越えて、R427~県道36号~R372という経路で帰宅。車体のあちこちが泥まみれで、洗車することはしたが、経験不足で十分にしきれず。。。ノウハウを身につけねば。。。

以上、結局、天滝は見られず、生野銀山も入場せず、ルートを下見しにいったようなツーリングに終わったが、行きの遠阪峠越えや、帰りの県道8号・36号と、気持ちよく走れる道を見つけたので、天気のよいときに、また訪れることにしよう。

走行距離約220km。燃費は25kmくらいとかなりよかった。

2009年8月11日 (火)

エンゼルライン~瓜割の滝ドライブ

月曜から休みで、前の週の天気予報では、晴れ続きで期待していたのが、急な台風接近で雨模様。8月10日の月曜日は、急遽、ドライブに変更し、比較的降水確率の低い、福井県方面へ。

ルートは周山街道~エンゼルライン~瓜割の滝~鯖街道。

エンゼルラインは、内外海(うちとみ)半島にある無料スカイライン。終点は、半島の頂上で、周囲を見下ろすことができる。海面と同じくらいの高さの道から、ぐんぐんと登っていく。ほぼ2車線でしかも交通量が少ないので運転を楽しめる。第1駐車場、第2駐車場各々で車一台見かけただけで、バイクは一台も見なかった(平日ということもあるが。。。)

▼エンゼルライン第1駐車場(頂上)より

134518 134629 134951

▼第1駐車場と第2駐車場の間にある岩(大神岩)

140404

▼エンゼルライン第2駐車場より

140844 140951 141129

続いて、瓜割の滝へ。豪快な滝ではなく風情のある滝。けっこう観光客も多かったが、なぜか滝のあたりには、人影がまばらで、良い感じの写真が取れた。ここで遅めの昼食をとり、きつねうどんを美味しくいただく。

▼瓜割の滝

145317 145612 145924

150026 150718

走行距離260km。オール下道で峠道も多かったが、信号が少なかったためか、燃費は約10kmと悪くなかった。

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

▼▽

バックナンバー2014

バックナンバー2013

バックナンバー2012

バックナンバー2011

バックナンバー2010

バックナンバー2009

□ ■ □