フォト

ブログ集Link

  • にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

■ □ ■

PR

  • ツーリングマップル

サイト内検索


無料ブログはココログ

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月26日 (日)

高野龍神スカイラインドライブ

今日25日は、高野山~高野龍神スカイラインへドライブ。

8時30分にバイクで家を出て、天候を様子見。ぱらぱら降りだしてきたので、給油して、30分ほどで帰宅。車に乗り換えて、9時30分に伊勢方面に向かおうと思って再出発。高速手前で、ふと目的地を高野山に変更。

大山崎インターから名神・近畿自動車道を経て、国道310号(千早峠越え)で大阪から和歌山へ。名神で一瞬強雨があったが、ここまでは曇り。

和歌山に入ってからは、京奈和自動車道~370号~480号というルートで高野山へ。370号線の途中でトイレ休憩も兼ねて、古沢厳島神社に寄る(たまたま看板を見かけて)。

▼古沢厳島神社にて(写真右は大きな銀杏の木)

124118 124239

高野山の手前あたりから雨が降り出す。高野山で車を止めて、金剛峰寺に寄ろうかと思うが、近くの駐車場が満車で、良い駐車場所が見つけられず、そのまま通過して、高野龍神スカイラインへ向かう。このあたりから断続的に激しい雨。スカイラインのところどころで排水が追いつかず、水たまりができている。この中を走るバイクもちらほらと見かける。ハザードを点滅させながら走る賢明なライダーも。完全に雲の中を走っている状態で、視認性が最悪のため、良い判断。

▼昼食をとった野迫川村総合案内所レストラン周辺

140713

▼スカイラインの途中にあるアジサイ園

141534

▼途中、見下ろせる展望の開けたところで車を止めて

143041

▼護摩山スカイタワー駐車場より(スカイタワーには上がらず)

143810_2

護摩山スカイタワーで折り返して、高野山へもどる。今度はちょっと待つと金剛峰寺前の駐車場に止められた。金剛峰寺に向かうが、外観を眺めただけで、今回は拝観せず。なお、帰り道、少し離れたところに第2駐車場があることに気づく。少し歩かないと行けないが、こちらの方が、空いていそう。まぁ次はバイクで来るんであまり関係ないか(^^;)

帰りは、371号線を通って24号に出ようかと向かったが、早々に通行止めの表示。やむなく来た道をもどる。480号~370号~京奈和自動車道、帰りはそこから大阪には出ず、24号線をそのまま北上して京都へ。やはり24号は混む。。。8時過ぎ帰宅。

▼帰りの370号線から

161512

走行距離約320km。燃費は8kmちょっとくらい。自動車道も走ったが、峠もけっこう走ったので、まぁこんなものか。。。車はハイオクなので、バイクの3倍のガソリン代。。。(^^;)峠メインだともしかして、6kmくらいまで落ちてしまうのだろうか。。。(走り方次第だろうが、やはり峠道を一人で走るときはそれなりにがんばって走りたいので)

国道310号、370号、480号、高野龍神スカイラインどれもバイクで走るのに楽しそうな道であった。晴れて景色の良いときのお楽しみということで。

2009年7月12日 (日)

京都・流れ橋

4時過ぎに予定が終わり、そこから宇治川ラインを回って、八幡市~久御山町を結ぶ流れ橋(上津屋橋)を訪れる。

07121842 07121849

携帯画像なのであまりきれいではない。。。

久御山町の南側から行ったところ、500mほど手前で車は進入禁止(基本、歩行者&自転車用の橋)。バイクを止め、そこからは徒歩で橋のところまで行って、歩いて渡ってもどってくる。橋の長さは350m程度。

北側からは近くまでこれた模様だが未舗装だった。進入経路は未確認。

走行距離120km。

チェーン&スプロケット交換

本日(11日)朝、チェーン&スプロケット交換。

前にタイヤ交換した際、そろそろ交換の時期と指摘されていたので、近くのバイクショップへ。ドライブ側&ワッシャーが約3500円、リアが約5000円、チェーンが約12000円、工賃6400円。ついでに低速時にビビリ音が発生するようになっていたため、その点、見てもらったところ、前オーナーがヘッドライトレンズにビビリ音防止用にゴムを入れていたのがズレていたとのことで、それを修正。合わせて税込みで28000円の出費となりました。

で、交換後の説明では、ドライブスプロケットは確かに交換が必要な状態だったが、チェーンとリアスプロケットはまだ使えたのでは。。。といったニュアンス(今回は、このショップで点検してもらう前に、先に電話で部品を取り寄せしてもらって、交換をお願いしていたという事情)。

少なくとも目に見える範囲のところは、交換が必要かどうか、自分でも判断できるようにならねばと思ったのでありました。

交換後、前に行ったとき通行止めだった府道733号柚原向日線(京都市から高槻を経て亀岡に抜ける細い峠道)へ行ってみる。まだ崖崩れの補修工事は続いているようだが、今日は通行止め解除だった。ゼファーでは初めての通過。途中の金蔵寺周辺は、勾配がきつい&急カーブあり&ほぼ一車線の厳しい道。対向車来るなよとお願いしたいところも1~2カ所あり(通行量は少ないので、可能性はかなり低いし、実際対向車はなかった)。大型のオンロードバイク向きの道でないことは確か(^^;) 高槻に出ると2車線となり快適。

そこから国道9号線へと抜けるため府道6号線に入ると、とたんに交通量が増え、どん詰まり。

約30kmほどのお散歩程度の走行でした。

2009年7月 8日 (水)

井倉洞・満奇洞ドライブ

先週土曜4日は、バイクではなく、車で、岡山の井倉洞・満奇洞へ。休日ETC割引で、通常片道5100円のところ、2050円。(※なお、バイクのETC助成は7月8日で終了の見込みとのこと。3月末に申し込んでいたのだが。。。)

▼井倉洞(右の写真:車の後方に洞窟から流れ落ちる滝)

P1020709 P1020763 P1020779

▼満奇洞

P1020900 P1020795 P1020865

P1020849 P1020850 P1020889

井倉洞は、鍾乳洞の中の高低差が大きく、設置された階段をどんどん上がっていく。鍾乳洞の中に滝もある。

満奇洞はほぼ平面に広がっていて、水が豊富。泉が広がっている。照明の効果もあり、幻想的。

車で20分ほどの距離にあるので、セットで楽しめるので、関西からの高速日帰りドライブ・ツーリングにおすすめ。どちらも入場料1000円。無料駐車場あり。井倉洞は有料駐車場もあるので要注意(^^;)

2009年7月 4日 (土)

能登半島ツーリング2日目

2日目(6月27日)土曜日、朝日を見るために朝4時すぎに出発。朝早いので、前日夕食時宿の支払いは済。宿から通りの向こうまで、移動させてから、エンジン始動。あたりはまだ薄暗い。

27_041520

国道249号~県道28号と、波の音を聞きながら、景色の良い海岸線を東へ進む。すばらしいツーリング道路を早朝ゆえに完全に独り占め状態。窓岩、垂水の滝、美しい海岸路で記念撮影。

27_041853 27_042453 27_044257

宿を出て30分後、木之浦海岸で、水平線上の朝日をながめることができた。

27_044810

能登半島の北東の端、禄剛崎(ろっこうさき)から、進路は南へ。水平線上の朝日は、じょじょに高度を上げ、光も強くなっていく。5時30分頃、見附島(軍艦島)へ到着。ここでも朝日をカメラに収めたところ、偶然、鳥も映ってました(帰って家で最初見たときは、ゴミだと思って、ゴミ箱にポイしてしまうところだった)。

27_053243 27_053322_2

5kmほど南下して恋路海岸へ。引き潮のときは、歩いて島(弁天島)まで渡れるそうで、軽く朝食をとりながら(カロリーメイトのブロック・フルーツ味)、様子見で30分ほどとどまるが、残念ながらその気配は感じられないまま、先へ進む(あとから振り返ると、この日朝4時すぎに出発して夜8時半帰宅まで、一番長くバイクを降りたひとときでした)。

27_055314 27_061302_2

海岸線を走るため、また国道249号を離れ、県道35号へ。能登半島には、「弁天島」がいくつもあるようだが、左下は田ノ浦に浮かぶ弁天島、その右は、そこから見た遠島山と離島。

27_070033 27_070205

ふたたび国道249号にもどったあと、また海岸線の県道34号へ。穴水町の弁天島でバイクを止め、島を一周(といっても1分程度ですが。。。)

27_074413

249号にもどり、ツインブリッジを渡って能登島へ。右下は向田町の田園風景とソワジ鼻。

27_083812 27_090037

県道47号を通り、能登島大橋を渡ったあと、ちょっと道に迷いながら、国道160号に出て、富山湾岸沿いに南へ。途中お腹がへりコンビニでパンと缶コーヒー。そこで、富山湾とその向こうの立山連峰山々を撮影。

27_104848

その後、氷見インターから能越自動車道に入り、東海北陸自動車道の福光インターで降りる(約30km)。そこからはずっと国道304号~国道156号と、山間部や川沿いの道。

▼五箇山トンネルと梨谷大橋(この周辺景色がすばらしい)

27_115325

▼五箇山村上家とその周辺の風景(庄川)

27_123255 27_121409

▼五箇山菅沼合掌集落

27_124440

▼白川郷(右下は、かやぶき屋根の葺き替え作業中)

27_132423 27_131826

この後も、庄川沿い(156号)をひたすら南へ。で、156号を進むには、途中右折しないといけないのだが、そこで直進してしまい国道158号(松本方面)に入ってしまう。まだそのことに気づかず、渓流が目に留まったので、バイクを止める。

27_141428 27_141258

その後しばらくしてようやく気づき、5kmほど来た道を戻る。また156号を南下。しだいに市街地となり、信号が多くなり、渋滞気味。長良川にかかる橋を渡り、向こう岸の県道(61号)を進む。道は狭いが、順調に進む。国道256号を西へ進み、板取川沿いの快走路へ。板取川の景色がすばらしい。156号をそのまま進もうかとも考えたが、こちらへ入って正解。またそのうちゆっくりと訪れたい。

そこからは岐阜市の市街地を抜け、国道21号で滋賀県に入り、国道8号~栗東インター~名神~京都南インターを経て、8時半帰宅。

2日目約630km(うち自動車道は60km程度)、実走行時間は15時間強(!) さすがに疲れました。。。

▼ルート詳細は下記参照

2009年7月 2日 (木)

能登半島ツーリング初日

6月26日(金)朝8時30分出発。

京都南で名神にのって、京都東で降りて湖西道路(R161)を北上。さらに国道8号線を北上して、敦賀湾へ出る。4月30日の東尋坊ドライブでは高波のため海岸線の道路が通行止めとなっていたが、この日は日本海は非常に穏やか。ずっと海岸線を進む。

26_104549 26_110703 26_122512

12時ごろ、正面に海をながめながら食事のできる軽食屋さんで、昼食をとる。

26_120249

順調に進み1時前に東尋坊に着いたので、少し寄り道。4月30日ドライブのときは、風が強くて、左下のような写真がとれる位置まで近寄れなかったが、今回は腰がひけながらも、真下をのぞき込むようにして写真が撮れた。

26_125724 26_131136 26_131240

また、前回は、右上の写真の中央付近を通っていたときに、一段と大きな波が寄せてきて、膝下がずぶ濡れになったのであった。。。

20分ほどで、東尋坊をはなれ、北陸自動車(加賀~美川IC間)、能登自動車道(柳田ICまで)と海岸線を走る自動車道を進む。下の写真は、能登自動車道で停車しての1枚(実は停車禁止ではなかったかと思われる)。

26_151656

柳田ICでおりて以降も、国道249号~県道36号~県道49号と引き継き海岸線を進み、「能登金剛」と呼ばれる景勝地を見て回る。

▼鷹巣岩

26_161010

▼厳門

26_164446 26_163818_2 26_163157

26_163025 26_163359_2

▼世界一長いベンチとその周辺

26_171804 26_171606 26_172417

▼機具岩(はたごいわ)

26_165859 26_170106 26_170730

▼ヤセの断崖付近

26_174840

▼義経の舟隠し

26_175756_5      26_180024

県道49号から国道249号へ出るところで、仲良く並んでいる2羽のカラスが目に留まり、停車してパチリ。反対側にもどってもう一枚。

26_181443 26_181534

(能登半島では、キツネも2度、目にする。とくに最初のは小ギツネで、道の真ん中にちょこんと座っており、ホントかわいかった。ゆっくり減速しながら近づくと、さーと茂みに入っていってしまい、写真に収めることはできなかった。)

その後、県道38号線を通って、また海岸線に出て、夕日を眺めながら、海岸線を走ろうと思っていたのだが、いったん海に出たあと、怪しい道に入り込み、道を間違えたことにようやく。道なりに行けばよいと思いこんでいて表示をよく見なかったのが間違いの元。右折すべきところを直進して、皆月(みなづき)湾にでてしまい、そこから行き止まりの道に入り込んだよう。とりあえず皆月湾まで引き返して、そこで夕日を見ることはできた。

26_190646

1枚写真をとったあと、夕日を眺めているおじさんに道を尋ねると、親切に38号線へもどるところまで車で案内してくれた。ただもう薄暗くなってきていたので、さらに国道249号までもどって、宿泊予定の曽々木海岸に向かうことにする。7時半到着予定と連絡していたのだが、結局到着は8時。輪島から15kmほど海岸線があったが、もう暗くなっており、眺めを楽しむことができずザンネンであった。

民宿に到着してすぐ夕食をとり、ちょっと散歩に出た後、風呂に入り、ビールを一本いただき11時頃就寝。潮岬ツーリング同様、宿泊客は自分一人だけだった模様。

初日約440km、実走行時間は約10時間。

▼ルート詳細は下記参照

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

▼▽

バックナンバー2014

バックナンバー2013

バックナンバー2012

バックナンバー2011

バックナンバー2010

バックナンバー2009

□ ■ □