フォト

ブログ集Link

  • にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

■ □ ■

PR

  • ツーリングマップル

サイト内検索


無料ブログはココログ

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月30日 (火)

能登半島ツーリング

6月26日(金)に休みをとって、一泊二日能登半島ツーリングへ。2日とも晴天にめぐまれる。紀伊半島ツーリングでは曇りだったため、見ることのできなかった夕日と朝日どちらもながめることができた。

▼2日目早朝4時50分頃(木ノ浦近辺にて)

27_044914

1日目440km、2日目630km、計1070kmとちょっとハード(自動車道利用は市街地をパスするときくらいで、下道メイン)な行程であった。行きも帰りも少々道に迷ったりもしながら、夜8時30分頃無事帰宅。

このツーリングの途中(2日目朝7時15分頃)に、44,444kmに到達したところで、記念撮影(自分はそのうちの4000km程度でしかないが。。。) 能登町の波並(はなみ)近辺と思われる。

27_071641 27_071725_2

詳しくは、また追ってアップ予定。

2009年6月25日 (木)

タイヤ交換

6月21日(日)、タイヤ交換。ダンロップのGT501からミシュラン PILOT ROAD2へ。
工賃含めて約45,000円。。。適当な在庫がこれしかなく、比較検討できずに、決定。同じダンロップのGT501ならもっと安くすんだようだが。。。まぁ値段がはる分、よいタイヤのようで、次のツーリングが楽しみではある。100kmほどは、タイヤのならし運転が必要とのことだが。

なお、タイヤ交換時のチェックで、スプロケットやチェーンもそろそろ交換時期とのこと。9月の車検時には交換せねば。。。

2009年6月23日 (火)

宮津~丹後半島ツーリング

6月19日(土)、宮津~丹後半島へ。前日までは、伊勢・志摩方面を予定したいたが、降水確率が高めだったため、降水確率の低い北部へ予定変更。やや風が強かったもののときどき晴れ間もあり、正しい選択だった。

とりあえず、宮津の「金引の滝」目指して9時頃出発。ルートは、国道9号~372号~477号~9号。京丹波町で国道27号、綾部で府道485号~府道9号、大雲橋で由良川を渡って、鬼伝説で有名な大江山方面へ。二瀬川付近でバイクを止めて記念撮影。

113335 113806

峠を越えて、ちょっと走ったところで、「今福の滝」の表示を見つけ、寄ってみる。未舗装の狭い道を数百m進むと小さな駐車場があり、そこから上り坂を徒歩で数分。複数の滝が連なる。けっこう見応えのある滝だが、行きも帰りも誰とも出会うことはなかった。

122236 122035

122551 123156

▼駐車場から帰り道(途中オンロードバイクには厳しい砂利道があり、車とのすれ違いも困難な狭さ)

124502

その後、コンビニに寄って昼食(とろろ蕎麦)をとり、金引の滝へ向かう。こちらは滝100選に選ばれてるだけあって、道も駐車場も整備されている。天橋立へ行くときは、ぜひ立ち寄っておきたいところだ。行きに一組、帰り二組と出会うくらいで落ち着いて、観賞できた。

▼駐車場と滝周辺

134016 132653 132401

▼金引の滝

132807 132631 132606

132545 132508

その後、天橋立を通って丹後半島へ(天橋立は車や電車で何度も来てるので通過のみ)。府道651号-丹後縦貫林道に入り損ね、府道2号~国道312号と進んだあと、右折して府道657号へ入り、府道53号を通って日本海へ出る。風は強かったが、海は非常に穏やかだった。

144932 145027

しばらく海沿いの国道178号を走ると、小さな橋でつながった島(城嶋)を見つけ、立ち寄る。

150829 150029 150231

空からネコ(?)の鳴き声が聞こえてきたので、見上げるとウミネコ。最初1羽だけだったが、写真を撮ってると6~7羽寄ってきて、にぎやかになった。

150412 150448

海岸線をちょっと進むと、また寄ってみたくなるスポットを見つけ、降りてみる。岩場に小さなカニなどの生き物が多く見かけられた。

151243 151407

しばらく走ると大きな岩が目にとまったのでまた記念に1枚

153217

しばらく178号線を進んで、近畿最北端の経ヶ岬へ到着。ここでも記念撮影。

155517 155603

また178号にもどり、舟屋で有名な伊根町に向かう。

163322 163343

丹後半島を周回して、天橋立へもどってきたところで、ここでも記念撮影。天橋立は横からだと、端から端まで1枚の写真に収まりきれない。。。

165404 165445

お腹が減ってきたので、近くのコンビニでパンを買い食いして、帰路へ。府道9号で大江山を越えたところでリザーブタンクへ切り替え。

▼府道9号の峠から日本海側を見下ろす

174216

その後、国道175号に出てガソリン補給。国道9号から、福知山の市街地を抜け、音無瀬橋で由良川を渡り、府道74号を東へ進み、あとは暗くなってきたこともあって国道27号~国道9号と幹線を進む。途中ちょっと小雨に降られたが路面が濡れるほどではなく、8時半に無事帰宅。

宮津・舞鶴~若狭湾は、マスツーも多くにぎやかだが、丹後半島は、単独かせいぜい2~3台でのツーリングしか見かけなかった。景色の良いところが多く、車も少な目なので、近畿北部では最もお勧めのツーリングコースとなるだろう。機会を見つけて、また走りに行くことにしよう。今度は丹後半島の内陸部の林道を重点的に走ってみたいと思う。

本日の走行計370km。11時間半。バイクでの1日の走行距離としてはこれまでの最長記録。

2009年6月21日 (日)

メタセコイア並木ツーリング

6月18日(金)、病院のため仕事はお休み。1ヶ月ほど右の太ももの違和感が続くため、神経内科のある病院へ。時間が2時からのため、朝8時50分に家を出て、滋賀県マキノ町のメタセコイア並木まで、ちょっと一走り。堀川通りを北上し、賀茂川沿いを走り、府道38号~40号を経て、鯖街道(国道367号)~国道303号~国道161号(無料自動車道)と通って、沢インターで降りて、あとは、「マキノピックランド」の標識を手がかりに、病院の予約時間を気にしながら、何とか11時前に現地到着。

▼鯖街道をどこまで北上するのか、ツーリングマップル確認のため、降車したところで1枚

1024

▼現地に到着して、並木の始まりと終わりで1枚ずつ

1056 1100_2

▼並木の真ん中あたりのピックランドの駐車場付近から1枚

1105

帰りもし道に迷ったら、時間が厳しくなるため、来た道をそのまま逆戻り。1時10分ごろ病院横を通り過ぎ、嵐山近辺をぐるっと回って、予約の10分前に病院入り。で、MRI検査が行われるものと思っていた肝心の検査は、問診と血液検査のみで、MRI+CT検査を次行うので、また来てくれと予約を入れて終了。

3時には終わってしまったため、前の日曜に続いてまた周山街道へ。そこから国道477号を東へ進み(これまでとは逆向きでまた新鮮)、花脊峠を越えて、鞍馬を経由して、中古車として購入後初めてのオイル交換のためバイクショップへ向かう。

バイクショップでは、ちょっと混んでて、40分ほど待たされる。料金は、工賃1000円加えて、計6920円。750クラスはそんなにするのかとちょっとびっくり(@_@) 。待ってる間に、予約したETCの状況確認。

自分:「あと、何人くらい待ちですか」
店員:「どのお客さんの分がいつ入るかは、自分らにもわかりません」
このやりとりでまたびっくり(@_@) 。単純に受付順ではないの???
自分としては、「○月○日予約分まで済んだので、3月28日予約分まであと○人くらいですね」
という受け答えを期待したのだが。。。どうもそういうことではないらしい。そんなのアリか?ちょっと不信感

それともう1点の(@_@)。
自分:「後輪これパンクですかね」、と前にみつけた箇所を見てもらおうと一声発するやいなや、
店員:「もう後輪交換の時期ですね」、とその箇所見るそぶりもなく即答。
まだ中古購入後3000kmなのに。。。もともとかなり溝少なかったのね。最初からそう言っといてよ。
※ただこれは、帰ってネットで調べると、タイヤの種類と走り方では、3~5000kmでもかなり摩耗することもあるらしい。で、自分のは、ダンロップのツーリングタイプで、そんなに激しい乗り方してないので、やはりもともとけっこう減っていたもよう。まぁ、この点は、バイク乗りとしての自分の知識のなさの方が、問題ということで。。。

ということで、近々タイヤ交換をしなくては。

本日の走行計290km。時間実質7時間。病院の診察の前後としては、けっこうな距離を走った1日でした(^^;)

2009年6月15日 (月)

ちょっと周山街道へ

昨日の日曜(14日)、3時半頃から予定が空いたので、周山街道へ。けっこうすいていたが、肝心の峠道になると遅い車に行く手をはばまれる。車との距離を空けようとスピードダウンして、のろのろ運転していると後ろから1台のバイクが。。。どうも遠慮して、後ろについてられるので、右手でどうぞ抜いていってくださいと促すと、すーと追い抜いていかれました。峠道で、超ノロ運転していたので、きっと変なヤツと思われたことでしょう。で、ちょっと間が空いたかなと思って、スピードを上げていくと、峠道はほぼもう終わり。前の車とそれに追いついた先のバイクとの距離がつまってきたところで、信号が赤になり、一人寂しくおいて行かれてしまった。

美山ふれあい広場でトイレ休憩し、周辺図をながめて、ビレッジラインを走ってみようかと。先週同様、美山かやぶきの里を通って、ビレッジラインへ入り口を探すが、表示が見あたらない。帰ってネットで確かめたら、「田歌舎」のあるところで左折で、目立たない標識があるとのこと。完全に見落とした。。。

結局、ビレッジラインはあきらめ、かなり行き過ぎたところで、引き返し、由良川ぞいを西進し、27号~9号というルートで帰宅。

走行3時間半。計160km。

※なお、ビレッジラインの道路状況をネット(ブログ)で調べてみると、3~4月段階で倒木があり、途中であきらめて引き返したとか、2km進むのに1時間かけてなんとか通り抜けできたとかの記事を目にする。現状どうなっているのか興味があるので、次の機会にチャレンジしてみよう。大型バイク単独なので、決して無理のない範囲で、ですが(^^;)

2009年6月11日 (木)

日本ライン~モンキーパーク~犬山城ドライブ

6月7日(日)は、車で岐阜~愛知方面へ。

まずは、日本ライン下りへ向かう。去年の保津川下りで、川下りにちょっとはまり気味。。。 京都南インターで名神に乗り、一宮から東海北陸自動車道に入り、岐阜各務原で降りて、国道21号を東へ20kmほどで、日本ライン下りの乗船場へ到着。船は1時間おきに出ていて、1時に出る船に乗船。客数にあわせて、出船は2隻であった。保津川に比べて川幅がずっと広い。また船はエンジン付きであった。トンビにパン切れをあげて、空中でキャッチするのを見せるという「演出」もあった。乗船時間は約1時間。乗船料大人一人3400円のところインターネット割引で3000円に。

1323 1329

1311 1313

1330 13352

1335 1338

1344 1350

▼終着点近くからは、犬山城が遠望できる。

1357

その後、無料シャトルバスで、乗船場の駐車場まで運んでもらい、マイカーに乗り換えて、日本モンキーパークへ。おすすめは、waoランドで間近に見られるワオキツネザル。(そういえば、保津川下りでも下ったところ(=嵐山)にモンキーパークがあり、共通点がありますな。嵐山は野生の日本サルですが。。。)

1506 1510

15102 1542

1550

次に犬山城へ。国宝となっている城は四つあり、そのうちの一つとのこと。明治の中頃の修理の際に旧藩主の個人所有となり、2004年に財団法人に移管されるまで、個人所有が続いたらしい。入場4時半、5時閉館で、4時20分にすべりこみで入ったため、急ぎぎみに回る。

1645 1653

1639 16392

1642 1643

1654 1656

▼天守閣上層からの眺め

1627

帰りは、ナビにしたがい、名神小牧インターから乗ったが、そこまではやや混み気味。行きと同じく、東海北陸自動車道経由の方が早かったものと思われる。

運転時間計約5時間、走行約400km。

2009年6月 8日 (月)

質志鍾乳洞~美山かやぶきの里ツーリング

6月6日(土)8時半出発。天気は曇り。念のためカッパを用意。

先週同様、国道9号で亀岡に出て、国道423号に入る。そこから今回は、しばらく直進し、府道732号経由で、国道173号に出て、あとはずっと北上して、綾部市の質志鍾乳洞(京都府下唯一の鍾乳洞)へ向かう。国道372号経由の方が早いが、道が単調なので、こちらのルートを試してみる。堀越峠、逢坂峠と峠道が多く、よい選択だった(ただし、時間に余裕があるとき。。。)

10時20分頃、鍾乳洞の駐車場に到着(車も含め駐車ゼロ)。雨が降りそうな気配もあったので、なるべく軒下に寄せて駐輪。その後歩道橋を渡って、鍾乳洞入り口へ(入園料510円)。

06061022 06061114

06061104  06061034

中へ入るとひんやりとしている。この中は自分一人だけかーと思うとやや心細くなる。すぐにコウモリもいることは確認(^^;)。で、ちょっと進むと、物音がして、階段から男の人がぬっと顔を出す。管理人さんのようで、あぁ一人じゃないんだと一安心。ここの階段は真下に降りるので、後ろ向きに降りるようにと伝授され、指示通り、背中のリュックがつかえるのを気にしながら20mほど一気に降りていく。すると空洞が広がり、不思議な世界。

06061048 06061035

06061038_2 06061039

06061055 06061101

少し横に進み、また下へ降りたところが終点。

06061044

上の写真の右下からさらに奥があるが、鎖で、行き止まりにしている。あとで、さきほどの管理人さんにたずねたところ、まだ先があるが、足をすべらせて落ちるともう自力で上がって来られないとのこと。

そこで引き返して、今度は、垂直な階段を上がり、地上に出ると、生暖かい感じ。逆にそれまでが涼しかったことに気づく。

060610382 06061115_2

右上の写真のバイク(スクーター)は、自分が出口に向かって階段を上がろうとしていたときに、上から降りてきた2人組が乗ってきたものと思われる。その後、駐車場に戻ると、車2台駐車しており、少ないながら訪問者がいることが伺われる。

11時20分頃、鍾乳洞を離れ、173号を北上し、府道59号から、国道27号に出る。国道27号へ出たあたりの風景がとても穏やかで、バイクを止めて写真を撮っておこうかと迷いながら、また今度来たときでいいかということで、美山方面へ向かう。車では何回か通っているのだが、やはり車とバイクでは景色の見え方が全然違う。

途中、道の駅「和(なごみ)」で、昼食(炊き込みご飯)とする。不思議とこの道の駅にはバイクが1台も止まっていなかったが、自分が、出るころには、2台また2台と入ってきていた。27号を少し南下して「市場」交差点で府道12号に入り、由良川沿いを、東へ進む。大野ダムを越え、さらに東へ進み、国道162号(周山街道)に入り、安掛交差点をそのまま直進し、府道38号を5kmほど進むと、かやぶき屋根の集落が見えてくる。

06061256 06061301

右上の写真は、かやぶきの里の向かいの川辺。あたりの風景を眺め一休みしたのち、府道38号をさらに東へ進むと、いまにも雨が降り出しそうな感じになってくる。にわか雨が落ちてくれば、引き返して雨宿りができそうなところをチェックしながら、進んでいく。で、府道38号が南へ向かうあたりで、進行方向を見ると、山の上の方に、雲がかかって、かすんでいて、もう引き返してしまおうかと。。。とりあえず、写真に撮っておく。

06061324

気をとりなおして、そのまま38号を南下。すると、どんどん高度が上がっていき、霧の中へ入っていく。一番高度が高くなったあたり(=一番霧が濃くなったあたり)でバイクを止めて写真に収める。写真を撮ってる横を2台のバイクが通りすぎ、右下の写真のような、霧の中へと消えていった。

06061352 060613522

そこからは、下り坂で、しだいに、霧も晴れていく。国道477号に出る手前にAコープがあり、その横に観光者向けのトイレ(民家のトイレを開放してくれいているらしい)があり、使わせていただいた。そこから、477号を西へ進む。この川沿いのゆったりとした道は、快適で、お気に入りの道(この川が桂川だったことを帰ってきてから地図を見て初めて知る)。その後、府道61号を通って、周山街道に出て南下。

嵐山を通って帰ろうかとも思ったが、時間がまだ早かったので、保津峡へ向かう。これまで、保津峡は、原付やビラーゴもあわせて数回行ったことがあるが、いつも亀岡から嵐山へ下る道であった。今回は逆に、保津峡を上っていく道筋。でもそんなに変わりはなかった(^^;) 変わったことといえば、保津峡駅で、カヌーの一団と遭遇したことくらいか。

※ちなみに、この保津峡の道は、大型バイク向きではありません。もちろん中型アメリカンにも不向き。1車線のヘアピンでけっこうな坂といったところが、ところどころあります。アメリカンだと曲がりにくいし、大型バイクで足つきが悪ければ、カーブで対向車と遭遇したときなど、冷や汗もんとなるでしょう。

その後、亀岡に出て、先週と同じく国道9号を通って、5時すぎに帰宅。

走行8時間、休憩30分。距離約270km。

2009年6月 3日 (水)

琴滝~るり渓ミニツーリング

5月30日(土)は9時~1時までのミニツーリング。

まずは、京都縦貫道丹波インター近くの琴滝へ。府道733号を通って、亀岡に抜けようかと行ってみたら、土日通行止めの表示。あきらめて、国道9号で亀岡に出て、そこから国道423号~国道372号~国道477号を経て、園部河原町交差点で再び国道9号にもどり、
京都縦貫道丹波ICをちょっと過ぎたところを右折。小さな交差点ごとに琴滝への表示がありそれにしたがって進み、駐車場へ到着。そこにバイクを止め、2~3分ほど歩くと、琴滝が見えてくる。この日は水量は少ないが、わりと落差のある立派な滝であった。

05301031 05301032 05301033

滝の上まで登っていくと、そこには貯水池がありバーベキューなど楽しめる広場があった。るり渓へ向かうルートを確かめようと、プリントアウトした地図を見ながら歩いていると、かさかさと音がして、目を向けると1mほど前にヘビが。。。びっくりしながらも(向こうはもっとあわてた様子であったが)、迂回して、駐車場へもどる。

そこから、また国道9号にもどりすぐ右折して府道702号~府道453号~府道54号というルートで、るり渓に到着。途中やや狭い林道があり、そこを抜けたところで写真を1枚。

05301121_2

付近の田んぼにサギが2羽いたので、写真を撮ろうとしたら飛び去ってしまった。

▼るり渓駐車場(北東側)近くと鳴瀑

05301141 05301148

そのまま府道54号を進んで、るり渓を抜け、府道731号へ。途中路面がかなり濡れており、下り坂でシフトダウンしてエンブレかかったとき、ちょっと後輪がすべってドキッとする(この日は天気が不安定で、ところどころで、にわか雨が降った模様)。しばらく安全運転で、国道372号に出て、また国道9号を通って帰宅。

走行4時間。距離約100km。

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

▼▽

バックナンバー2014

バックナンバー2013

バックナンバー2012

バックナンバー2011

バックナンバー2010

バックナンバー2009

□ ■ □